留学応援団 from England

留学するか迷っているあなたの背中を押すことが出来るなら、留学中のあなたに寄り添うことが出来るなら、こんなに嬉しいことは他にない。

初日からまさかの遅刻orz いよいよ始まる学校生活

 

僕が通う語学学校はステイ先からバスで30分のところにあります。

朝はマザーが最寄りのバス停まで案内してくれました。バス代は一律2.1ポンドです。

 

お目当のバスがやって来ました。

 

乗車する時にお金を払うのですがお札しか持っていない僕は10ポンド札を出そうとするとそれじゃダメだよと言われてしまいます。

 

僕の持っていたお札はなんと旧札だったのですorz

 

仕方なくマザーに両替してもらいに家に一度戻りました

 

この時点でかなり焦りました。

 

学校に連絡したほうがいいかマザーに確認するも、「今日は_道が空いてるから大丈夫」の一点張り(・_

 

 

その後無事にバスに乗ることはできたのですがこの時点で時間は842分。どう計算しても9時には着きません。しかしマザーの言葉を信じてまだかまだかと到着を心待ちにするのですが結局着いたのは98分(u_u)

 

もうダメだ。入学を受け入れてもらえないんじゃないかなどと思いながら

急いでフロントに行き、入学者であることを伝えました。

 

するとスタッフは「これからよろしくね。それじゃあ必要事項を書いてもらった後に学力テストを受けてもらうよ」と言って僕を別室へ案内してくれたのでした。

 

なんのお咎めもなしにことは済みましたが僕の印象が悪くなったことは言うまでもないでしょうね。

 

 

 

学力テストは60問の穴埋め問題と1つのライティングでした。

ライティングは大学で散々鍛えたので自信があるのですが、こういう穴埋め問題は英語の受験勉強をしてこなかった僕にとってはさっぱりわかりませんでした。。

 

 

 

学校の時間割はこんな感じ

 

1 9:3011:00

       

      Break time

 

2 11:3013:00

    

        Lunch time

 

3 14:0015:30

 

 

9時からの学力テストを受けた後はさっそく11:30から授業がスタートします。

 

この学校は日本人が少ないと聞いていたのに僕の振り分けられたクラスには4人中2人が日本人でした、、、

あとの2人はサウジアラビア人。

 

教室内は多国籍になっていると思いきや国籍数はたったの2カ国笑

 

いざ授業が始まります!!

 

 

先生が出した質問に対してみんなベラベラ喋り始めます。特にサウジー

 

僕は唖然としてしまいました。。

 

 

 

全く言っていることがわからない。

 

 

 

こんな調子で2限目3限目をやり切るのでが結構辛い。

 

分かったフリをしてしまったり聞き返したり返答が思いつかなくてかなり辛い

 

これは初日から挫折しそうな勢い

 

 

学校が終わってすぐにバスの定期券を買いに行きました。

これに関してはまた記事にしたいと思います。

 

これもまた英語が通じず苦労しました。。

 

 

実はこの記事を書いているのはこっちに来て4日目なのですが今は本当に辛いです

 

それでも頑張ります。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

こんな僕を応援するよって方がいらっしゃいましたら読者登録よろしくお願いします笑

 

それではまた次回