留学応援団 from England

留学するか迷っているあなたの背中を押すことが出来るなら、留学中のあなたに寄り添うことが出来るなら、こんなに嬉しいことは他にない。

日本とイギリスの映画館の違い! 映画好きの僕がレビューしてみた!!

先日オックスフォードにある映画館でデッドプール2を観に行ってきました!

 

行ってきた映画館の名前はODEONというところで、日本で言うところのTOHOシネマくらい大きな映画館でありヨーロッパ中に展開しています。

 [目次]

 

f:id:a1235813zhumor:20180621050942j:plain

ヨーロッパ最大級の映画館 ODEON

日本とイギリスの映画館の違い

日本にいた時、暇さえあれば映画館に足を運んでいた僕がいくつかイギリスと日本との違いを見つけてきたのでご紹介したいともいます!

 

 

まずは入り口入ってすぐのところにある券売機でチケットを購入します。

 

チケットの購入方法はこちらをご覧ください!

 

www.japalith.com

 

 

日本でもほとんどの映画館が無人の券売機でチケットを購入できますよね。

 

ちなみにチケットはこんな感じ

 

f:id:a1235813zhumor:20180621051834j:plain

イギリスの映画館 チケット

最初はただのレシートかと思って捨ててしまうところでした笑

金額はたったの9ポンド

1ポンド150円換算したとしたも1350円なので物価の高いイギリスで日本よりも安いものと初めて出会いました!

 

日本の時と同じように開演時間の15分前に戻ってトイレを済ましポップコーンを購入しいざスクリーンへ!(記事の下にはポップコーンの買い方とそのレビューもありますのでよかったら是非!!)

 

しかし行ってみても入場できるかどうかのアナウンスもなければそのような記載のある看板も見当たりません。スタッフに!聞いてみるとなんとチケットがあるなら30分前でも1時間前でも入れるとのこと( ͡° ͜ʖ ͡

 

なんともゆるいこの感じ笑

 

僕行ったシアターは小さめだったのでなかはこんな感じでした!

 

椅子は日本と同じくフカフカです。

f:id:a1235813zhumor:20180621065510j:plain

 

日曜でしかも人気映画を観に来たはずがほぼ空席でした。

これはオックスフォードに限ったことなのかもしれませんが、こちらでは映画はそれほど人気じゃないのかもしれません

 

その代わりミュージカルなどはかなりの人気があるみたいなのでいつかはそちらも記事にできたらなぁと思っております。

 

上映前は日本と変わらず広告と近日公開する映画の予告が流れますがほとんどがスマートフォンなどのCMでした。

 

日本ならこれらは大体10分間くらいなのですがこちらではなんと25分間も広告が流れます( ´Д`)y━・~~

それにもう1つ気になったのが日本なら予告映像の後は必ず公開日が表示されるのにこちらではcoming soon(近日公開)としか表示されてませんでした。

 

徐々にお客さんも増え始めたので改めて周りを見渡してみると、お菓子や夜ご飯などを持ち込んでいる方を数人見受けられました。

 

スマートフォンの電源は切るようにアナウンスがあったのですが持ち込みに関しては一切アナウンスがなかったのこちらでは持ち込みは大丈夫みたいです。

 

売店でも市販で売っているようなドリンクやお菓子が売っていました( ´ ▽ ` )

 

映画はとても面白かったです!英語なので4割くらいしか理解できなかったけど笑

 

そして映画が終わり僕はふとおもいました。「そういえばゴミはどこに捨てるんだろう?ゴミ箱なかったような?」

 

まさか!?とは思いましたが悪い予想は的中しました。

信じられないことに周りのお客さんたちはゴミ置きっぱなしで席を離れていくではないですか!!

 

余談ですがここの人たちはゴミをゴミ箱に捨てる習慣があまりないように感じました。(あくまでも僕の主観です)モスクワ空港の時も同じことを感じましたからもしかしたらヨーロッパの人たちはみんなそんな感じなのかもしれません

 

 

www.japalith.com

 この記事は僕にとって一番お気に入りの記事なのでもしよかったらご一読ください!!

 

そのせいもあってか清掃員の人数がものすごく多いです。むしろ雇用を生み出せているのでいい事なのかもしれません。

 

ポップコーン好きの皆さんへ

さて!ポップコーン好きの皆さんお待たせしました!

それではイギリスのポップコーンレビューしていきましょうか!!

 

まずは買い方から、、、

セットメニューはクラッシクサイズ、ミドルサイズ、ファミリーサイズというものがあります。

ポップコーンかナチョスかホットドッグかで選べます。

僕はクラッシクサイズのセットを選びましたが日本のLサイズぐらいの大きさでかなりの量でした

 

f:id:a1235813zhumor:20180621073850j:plain

ODEON ポップコーン

 

ドリンクはそんなに種類がなく、甘いものばかりなのでそれが嫌な人なんかは事前に買っていったほうがいいと思います。

 

次にポップコーンの味を聞かれますが種類はソルト、スウィート、ミックスの三種類です。スウィートは砂糖がまぶされているものです!ミックスはソルトとスウィートを混ぜたものです。

 

日本だとキャラメルは高いものなので甘いポップコーンもソルトと同じ値段なのは嬉しいですね。

 

ここのスタッフの接客はかなり良いように感じました。とんでもないほど素敵な笑顔だし、とんでもないほど優しかったです。こちらに来て初めて接客を受けているなぁという気持ちになりました。

 

肝心のポップコーンはというと、おそらくそれほど売れないんだと思います。作ってからかなり時間がたったポップコーンのようで冷めており歯にくっつくような感じのやつです。

 

これが理由でポップコーンが嫌いな人は結構いるのではないでしょうか

 

僕はこの時、ミックスを選択しました。

甘ジョッぱくてとても美味しかったです。ただ病みつきになるような味ではなく途中で手が止まりがちでした。あんまり食べすぎると気分を悪くしてしまうような味です。

 

またこの日は市販で売っているポップコーンを隣に座っていたお客さんにおすそ分けしてもらいました。

甘いポップコーンだったのですがこちらにきて初めてまずいと感じました。

吐き気を催してしまうほど酷かったです。。。

 

愛知県を中心に展開する映画館ミッドランドスクエアシネマのポップコーンなんて比較にならないレベルです。

 

今のところTOHOシネマズのポップコーンを超えるものが現れる気配はない。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

もし質問や留学に関しての相談などがありましたら twitterのDMで受け付けてます!!

 

僕のアカウントはこちら→@JapalithBlog

 

よかったら読者登録とフォローよろしくお願いします!

 

 

 

それではまた明日!